『無いね…』

コロナウイルスが大流行したためか、スイッチはどこにも売ってなく(ネットで高価なら売っていましたが)、3月の誕生日には買ってあげられませんでした。

そのあともしばらく『完売・入荷未定』という店舗ばかりでした。

ここまで手に入らないと、欲しくなるものなんですね、人間の心理というのは不思議ですね…

息子の目を心配して、スイッチなんて買うつもりのなかった旦那と私ですが、スイッチの売っている店をなぜか探していました…

車が無いというか、運転できる人がいない我が家なので、近所の店舗を徒歩で探しました。

『無い』『ここにも無い』『あそこにも無い』『無いな…』『無いね…』…

しばらく諦めていました。

工作が得意な息子は、動かない任天堂スイッチを一生懸命作っていました。それを真似て娘も上手に動かない任天堂スイッチを作り、2人で遊んでいました。

『スイッチ、お店で売るようになったら、買ってあげるからね』と私。

でも、なかなか売られません…

どこの店もあるのは『空箱』ばかり…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中