発症した時のこと…

私は生まれつき視覚(網膜)に障害があります。

本格的に症状が出始めたのは、15年前。24歳のとき。

当時、インターネット広告代理店に勤めていました。

だんだんパソコンや書類の字が見えにくくなり、パソコンは文字を拡大表示にして見ていました。

同僚から『パソコンの文字大きくない?』とか『書類を見るとき目を近づけ過ぎじゃない?』などと言われていました。

ショックだった私は、眼鏡を作ろうとして、眼鏡屋でいろいろ検査しました。

すると、眼鏡屋のお兄さんは、、、

首をかしげて、、、

『眼鏡では矯正できませんよ。』『眼鏡をしても視力は良くなりませんよ。』

・・・えっ?今、何て言いました?どういうことですか?

お兄さんは、『大きな病院で検査してください。』と・・・

ガーン😱😱

ショックで仕方ありませんでした。

しばらくマイナスなことばかり考えていました。

『仕事できなくなっちゃうのかな。。』『失明しちゃうのかな。。』・・・

『恋愛できなくなっちゃうのかな。。』『結婚できないのかな。。』・・・

『一生一人なのかな。。。』

ため息の連続。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中